沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

パン教室〜自家製酵母のバゲット

パン作りで最も難しいと言われるバゲット、ついに!教室で焼きました。


f:id:mutsumin33:20161028155532j:image 

バゲットは材料が粉、塩、酵母、水、ととてもシンプルで、かつ、水分量が多いので、生地を扱うのがとても難しいのです。

前に作ったチョコブレッドは、粉に対する水分量は28%、米粉のパンでも62%だったけど、今回は73%!

やさしく扱わないとボウルからも取り出せない。分割のときも打ち粉をいっぱい打って、手につかないようにしないといけない。そして常温で置いてる間にも、生地の状態はどんどん変わっていくから、これらの作業を手早く行わないといけないのです。

 

先生のお手本を見ているときはわかったつもりでも、いざ自分で生地を目の前にすると、あれ何だっけ?と、全く思い出せず笑、

何度かやってようやくそれらしくなった感じでした。

 

そして、バゲットで最大の難関。クープ入れ。

ナイフを寝かせずに立てて切ることを意識して、一気にすっと引きます。

でも柔らかいから一度では切れず、2、3回切っちゃうのですが。まーこれが難しい。

 

オーブンに入れ、途中で向きを変えながら待つこと24分。焼き上がりを取り出すと、香ばしい香りとともに、パチパチと弾ける音が!

ハード系焼き立ての醍醐味です。久々にこの音聞いた!

 

クープの弾け方、気泡の入り方、焼きあがるまではどうなるかわからない、毎回スライスする時はドキドキする、と先生はおっしゃっていました。プロでもそうなのですね〜

 

今回は2回目に焼いたのが、焼き色、クープの弾け方が美しかった!

味ももちろん、文句なし。クラストは小麦の香り、クラムはしっとりもちもち、私好みの味で、何もつけずに一本食べられそうな勢いでした。
f:id:mutsumin33:20161029101206j:image

 きょうの朝食。

手前がプレーンのバゲット

真ん中の輪切りがくるみ、右の薄切りがレーズン

 

今回わかったことは、

·バゲットはとても手間がかかる

·作る過程はとても面白い

·でも家庭用オーブンでは全然火力が足りないから、家で作れるパンではない

·おいしいバゲットが食べたいなら、先生のお店で買うべし

 

そんな先生のおいしいパン、来週新都心で出張販売するそうです。

 

★Re Seigleお出かけ販売★

11/2(水)11:30頃より

那覇新都心新都心ディアビル前にて

ハード系のおいしいパン、ガトーショコラなどを販売予定とのこと。

お近くの方、ぜひ行ってみて下さい!

 

きょうのパン教室:

Re Seigle(那覇)

http://reseigle.com/