沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

沖縄のパン事情

わたしが沖縄に来た12年前から、すでにパン屋が多いと感じていました。

今でこそ、沖縄パンブームと言われていて、おしゃれなパン屋さんもずいぶん増えましたが、それも、昔からある老舗のパン屋さんや、あとジミーとか、アメリカ的小麦文化に親しむ土壌があったからこそなのでは、と思っています。

わたしの地元なんて、パン屋さんなかったですもの。

 
f:id:mutsumin33:20161112110946j:image

 

内装もおしゃれで、ちょっと高価でスペシャルなパンがあるような、そんなパン屋さんが日々ふえている気がして、そんなに需要があるのかなあ?と思ってみたりします。

 

個人的な感覚ですが、なんだかんだ言って、主食はお米の人が多いと思うし、3食すべて毎日パン食べてます、って方は少ないと思っていて、毎日パン屋さんにパンを買いにいく人ってどれくらいいるんだろう?と考えてしまいます。

 

食パンとか、カンパーニュとか、日々のパンがあること、

甘いのとかお惣菜系とか、主食以外で食べられるパンがあること、

 

この両方を、客層のニーズにあわせてバランスよく取り揃えないと、沖縄で長く生き残るには厳しいように思います。

 

まーでもパン好きにとっては選択肢が多くて楽しく食べ歩きできるのはうれしいことですけどね!