沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

【お気に入り】おかず系のパン

いろいろパン屋さんをめぐっていると、

その店のおすすめや、人気商品、得意な生地とか系統とかがあるのがわかってきて、

ピンポイントで「あのお店のこれが食べたい」というのも結構あります。

 

お惣菜系、ランチにもできるごはん系のパンだと、

 

宇地泊・スーリールのベーコンエピ
f:id:mutsumin33:20171009124002j:image

 

エピはベーコンに粒マスタードが塗られています。

ピリッと黒こしょうもきいていて、

よく仕事帰りに運転しながらかじってます。笑

運転しながら食べやすいというのもありまして。

 

 

そしてこちらもスーリール、フランス生地の惣菜系パン。

何種類かあるのですが、最近いただいたのが、

焼きチーズカレーフランス
f:id:mutsumin33:20171009124023j:image

 載っているのはキーマカレーだったんですが、

見た目以上にカレーがどっさり、辛さもチーズと合わさってちょうどよく、

期待を超えるおいしさでした。

ボリュームもあり、揚げたカレーパンよりこっちがいいかも~

 

 

那覇西町・Pain de Kaitoのセミドライトマトのフーガス
f:id:mutsumin33:20171012220754j:image

フーガスは、生地を平らにのばして、葉っぱのように切りこみを入れて、

表面にオイルを塗って焼きます。

切り込みを入れることで、表面積や、生地のはじっこ部分が多くなるので、香ばしく、食感のあるパンに仕上がるのです。

 

パン教室でも一度作ったことがありますが、切りこみの入れ方にセンスが出ます笑
f:id:mutsumin33:20171012220939j:image

この時作ったのは、オリーブ(写真右)と、ローズマリー(写真左)でした。

どちらもよく合います。

ただ、ローズマリーは表面に振って焼くので、どうしても落ちやすいのが残念なのですが。

塩気のあるものといえば、アンチョビもいいかもしれません。

 

ちなみに カイトのフーガスはライ麦生地。

生地自体が存在感のあるパンなので、塩気のあるドライトマトとよく合います。

 

そして、こちらも那覇のPain de Kaito

ポテトごぼうサラダのタルティーヌ
f:id:mutsumin33:20171012221531j:image
 

 タルティーヌとは、具材をたっぷり載せたオープンサンドみたいなもので、

パンはバゲットの縦割りや、この写真のようにカンパーニュ的なパンであることが多いように思います。

 

このタルティーヌ、サイズはそんなに大きくないのですが、サラダがずっしりで、お腹もしっかり満たされます。

ごぼうとパンの相性ってどうなんだろう、と思っていたのですが、

前に雑誌のパン特集でも、ごぼうサラダが人気!という内地のお店が紹介されているのを見たことがあって、食べてみたらやっぱり合うんですね。

ごぼうが厚めにスライスされているのもポイント。パンやポテトと違う食感を楽しめるのも良いです。

 

他にもいろいろありますが、リピートするのはこんなところ。

あったらいいなと思っているのは、

クロックムッシュのおいしいお店。

 

むかし働いていたお店のムッシュがとってもおいしかったので、

それを超えるものになかなか出会えずにいます。どこかにないかな。おすすめあったらぜひ教えてください!