沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

新年の運試し・ガレット・デ・ロワ

これもシュトーレン同様、

あちこちで見かけるようになりました。

ガレット・デ・ロワ

 

フランスの伝統菓子で、

キリスト教の公現祭のお祝いとして、

1月6日に食べるものだそうです。

 

どんなお菓子かといえば、

アーモンドクリームが入ったパイ。

中に、フェーヴ(feve)という陶器の小さな人形が入っていて、

家族で切り分けるときに、フェーヴが当たったら、

幸運が1年間続くと言われているんです。

 

そもそもが家族でいただくものなので、

大きなお菓子だから、

今まで買ったことなかったのですが、

4号サイズの小さなのを見つけたので、

思わず購入しました。

 

宜野湾・Pattiserie H.Yujiのガレット・デ・ロワ
f:id:mutsumin33:20180107201105j:image

王冠付き!

さすが、王様のお菓子。

(ガレット・デ・ロワ=galette des rois=直訳すると王のお菓子、なのです)

 

職人さんによって、細かい曲線を描いたものなど、

表面の模様がいろいろあって、

こちらは葉っぱの模様が入っています。

 

カットしていただきました。
f:id:mutsumin33:20180107201203j:image

パイ生地がサクサクで、香ばしくしっかり焼かれています。おいしい!わたしの好みです。

中のクリームは甘すぎず、パイ生地との相性もばっちり。

 

さて、フェーヴは、といえば、

実は買う時に「この中からお選びください」

と、山盛りにフェーヴが入ったカゴを差し出されたのです。

ガレットの中に入れるのではなく、別添えで1ついただきました。
f:id:mutsumin33:20180107201647j:image

 かわいい車!

(voiture sportive=スポーツカー)

 

最近は、誤飲防止などのために、

フェーヴをパイの中に入れずに、

代わりにアーモンドを入れたりすることもあるそう。

こちらのお店ではその方式だったみたいです。

可愛くていろんなモチーフがあって、

フェーヴを集めている方もいるくらいですから、選べるのはまたうれしいでしょうね。

 

そして、私のガレットのアーモンドも発見。
f:id:mutsumin33:20180107201243j:image

カットしてしまったけど…

わたしの今年…大丈夫かしら。

 

初のガレット・デ・ロワ、とてもおいしくいただきました。

1月いっぱいは置いているお店も多いと思います。

パーティーなんかでもいいかもしれないですね!

 

きょうのお店:

Patiserre H.Yuji(宜野湾)

http://h-yuji.hp.gogo.jp/pc/