沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

真地・パティスリー・ランヴォールの色鮮やかなスイーツ

前にシュガーホールの公演を観に行ったとき、

ホワイエでドリンクや軽食などが出されていたのですが、

そのときに、「ケーキ屋さんなのにパンもあるんだ」と、おぼろげに記憶していて、

ちょうど近くを通りかかったときに思い出して立ち寄りました。

 

パティスリー・ランヴォール
f:id:mutsumin33:20180727212148j:image

 

ケーキの種類が豊富!

生菓子はもちろん、焼き菓子や、ラスクの詰め放題などもありました。

 

印象的だったのは、

他ではあまり見ないような、華やかなケーキが多いこと。カラフル!

 

シェフは製菓学校を卒業後、リゾートホテル等で勤めながら、

独学でフランス菓子の勉強をされたそう。

伝統菓子といわれる、オペラ、ミルフィーユ、エクレールやマカロン

それに加えタルト系や、ロールケーキなどのクリーム系もあり、

いろいろあって見た目が楽しい。

 

素材にはとてもこだわっているようです。

バターやクリームだけでなく、チョコやバニラビーンズまで。

最近こういうパティスリーふえたように思います。
f:id:mutsumin33:20180727212333j:image

 

焼き菓子は県産素材を使ったものも多く、お手土産にもよさそう。
f:id:mutsumin33:20180727212449j:image

 POPに書いてあるひとことも、いい味を出しています。

 

バゲットはソフトタイプ、粉はなんとVIRONのもの。

クラムは黄色みがかっていて、比較的詰まっているので、

サンドイッチなどアレンジに向いている印象でした。
f:id:mutsumin33:20180727212403j:image


f:id:mutsumin33:20180727212620j:image

 

シュケットも、県内他では見たことない。

シュケットを出そうと思ったのがすごいと思う。

今度ぜひ食べてみたいなー。
f:id:mutsumin33:20180727212427j:image

 

いくつか買ったケーキで、特に興味を引いたのは、南高梅のタルト。
f:id:mutsumin33:20180727212520j:image

 

梅のタルトなんて初めて出会いました。

お店のお姉さんに聞くと、お客さんに梅をいただいて、それをピュレにしたとのこと。

だから、それがなくなったら終わり。今だけの限定だそうです。

 

味は、あんずのようなさわやかな甘味と酸味。

あんずのお菓子に目がないわたし、できれば定番になってほしいとさえ思いました。

タルト生地はココアで、酸味との相性がよかったです。

 

きょうのお店:

パティスリー・ランヴォール(真地)
f:id:mutsumin33:20180727212543j:image