沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

名護・cookhalのホットドッグ

仕事でやんばるへ行ったときのこと。

前から行ってみたいと思いながら、なかなか行けずにいたcookhalに立ち寄りました。

 

場所はなごアグリパークの中。

芝生を囲んで、ハーブ園やショップなどがあり、

cookhalもその並びにあります。
f:id:mutsumin33:20180811113651j:image

 

ランチにオーダーしたのは、ホットドッグ。
f:id:mutsumin33:20180811113719j:image

 

長さ20センチを越えるサイズ。

バゲットは、今や有名なPain de Kaitoのもの。

ザワークラウトローズマリーマスタードとともに、

これまた大きなソーセージ。

どれも手作りだそうです。

 

このソーセージがおいしいのです。

肉が粗めに挽いてあるので、食べ応えがある。

バゲットは、普通のものよりも、全粒粉ぽいのが多く入っている感じで、

具材に負けない存在感があります。

 

cookhalもKaitoも、「やんばる畑人(はるさー)プロジェクト」に参加しています。

 

「やんばる畑人(はるさー)プロジェクト」

とは、

畑人と料理人、加工所などがつながり、スパイス栽培の北限となる沖縄で、

国産スパイス商品を開発したり、やんばる食材の料理が楽しめるイベントを開催するなど、

地域性を活かした「食」のアクションに取り組むというもの。

詳しくはこちら↓

http://haruser.jp/

 

同じ沖縄本島でも、たまに北部へ行くと、

やっぱり自然の豊かさに圧倒されます。

そんな場所で採れたものをいただける、

素敵なお店がたくさんあるのはうれしいこと。

 

この日も、仕事をすっかり忘れてリラックスして過ごしてしまいました。

ここでただのんびりするためだけに、

また行きたいと思った場所でした。

 

きょうのお店:

cookhal(名護)
f:id:mutsumin33:20180811113742j:image


f:id:mutsumin33:20180811113756j:image