沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

牧港・ホンコンベーカリーのレーズンロール

さがしものがあって、イバノに行ったときのこと。

レジ横に、長ーい食パンや、大きな袋にたくさん入ったクロワッサンなどが、ずらっと並んでいました。

 

イバノといえば、お肉の種類が豊富なのと、

輸入食材もいろいろあるのですが、

そういえば、A&Wのバンズも作っているのです。(行って思い出しました)

それが、「ホンコンベーカリー」のようです。

 

バンズだけでなく、その他いろいろなパンも売られていました。

 

なんかとてもおいしそうに見えて、

本当は胚芽食パンがほしかったけれど、

2斤くらいの大きさで、スライスも薄めだったので、

うーんちょっと違うなあと思い断念。

そして選んだのが、レーズンロール。
f:id:mutsumin33:20180507194837j:image

 

普段、バターロールってあまり積極的に選ばないのですが、

けしの実をふってるのが珍しいと思ったのと、

意外とずっしりだったので、どんな味かしら?と気になったのです。

(超お腹空いていたから、かも・・・)

 

中がびっしり詰まった、やわらかな食感のパン。

そしてほんのり甘みとほろ苦さ。

 

原材料をみると、

黒糖に加え、「モラセス」が入っていました。

 

モラセスとは?

砂糖の製造過程でできる糖液で、

見た目は黒蜜のようなのですが、

黒蜜と同じようには使わず、

風味付けや、イーストの活性のために添加したりするようです。

 

砂糖として使うために精製したあとのもの、なので、

独特の苦みがあるのだと思います。

それがきっとパンの風味にも出ていたのかもしれません。

 

なので、食べ応えもあり、味もしっかり、

期待以上のパンとの出会いでした。

 

きょうのパン屋:

イバノ(牧港)

R58沿い、カンガルーのマークが目印!