沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

【番外編】長崎カステラ食べ比べ

先日、長崎に長期出張していた親友がようやく帰ってきました。

 

「お土産何がいい?」と聞かれ、

迷わず「福砂屋のカステラ」とわたし。

そして帰ってきて、受け取ったのがこちら。
f:id:mutsumin33:20180901105431j:image

 

あの黄色いパッケージを想像してたら、

今はこんなにかわいいバラまき用のキューブカステラが!

この中に3つのキューブが入っています。

 

そしてもうひとつ、伊王島にある、アイランドナガサキのカステラ。

(写真右)

(写真左はキューブを開けてみたようす)

f:id:mutsumin33:20180901105509j:image

カステラ一本って重いんですね、持ち帰ってくれてありがとー!

(でもこれは事前にわたしの家に宅急便で届いていたのですが、笑)

 

まずは、福砂屋から。
f:id:mutsumin33:20180901105750j:image

サイコロ状の箱の中に、カステラが二切れ。

きっと、会社でお土産でもらったときに、そのまま席で食べられるようにと

とてもよく考えられたパッケージに感動。

開けるとこんな感じ。


f:id:mutsumin33:20180901105655j:image
f:id:mutsumin33:20180901105714j:image

折りたたみのフォークもついています!

 

そしてお決まりの、大きなザラメ。
f:id:mutsumin33:20180901105826j:image

しっとり、きれいな黄色で、こんなに牛乳と合う食べ物がほかにあるだろうかと思うほど。やっぱりおいしい~

 

そして、伊王島カステラ。
f:id:mutsumin33:20180901110000j:image

このカステラ、7月に長崎・伊王島にオープンした宿泊施設、アイランドナガサキのものなのですが、

https://www.islandnagasaki.jp/shop/index.html

 

こちらで販売するにあたって、

スタッフが市内のカステラ屋で作り方を習い、

お墨付きをいただいたものだそう。

立派な焼き印が入っています。

 

福砂屋と比べて、深みのある黄色。
f:id:mutsumin33:20180901110132j:image

はちみつが入っているので、色が濃く出るのかもしれません。

生地が重厚な感じで、とても食べ応えがあります。
朝ご飯に二切れいただきました。

 

また、切られていない一本まんまなので、

どのくらい食べようかなー、

ちょっと大きめに切っちゃおうかなー

とか楽しめるのもよいです。

 

 

この機会に、カステラについていろいろ調べてみて、気づいたこと、発見したこと。

 

材料がとてもシンプル。

カステラの材料は

・卵
・小麦粉
・砂糖(生地に上白糖、型の底にザラメ)

ふくらますためのベーキングパウダーや、重曹は入っていません。

卵を別立てで、卵白を角が立つくらいに泡立てて、空気をたくさん抱き込ませて、

それを生地に混ぜ込むことで、熱したオーブンに入れたときに生地全体がふくらむのです。

大きなホイッパーで手で泡立てるなんて、なんて大変なのでしょう…

 

 「五三焼き」とは何か。

長崎のカステラを調べると、よく出てきた言葉。

 

五三焼きとは、たまごの割合のことで、全卵を使わず、
卵黄:卵白=5:3

の割合で生地に配合するんですって。

きれいに焼くのはとても難しいそうです。

たぶん、卵白が少ない=持ち上げる力が弱い、生地全体が重くなる

ので、

味は濃厚になるけど、食感は変わるのだろうなと想像します。

(食べたことないので)

 

長崎といえば、カステラのほかにも、

坂のある景色や、夜景とか、みどころたくさん。いつか行ってみたいです。