沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

レモンクリームを使ったパン

暑くなると、一般的にパンの消費は落ちると言われています。

メーカーや店舗などでは、あの手この手で爽やかな味の商品開発をしていて、

チョコミント味のパンなど、今年は随分見かけたように思います。 

 

レモンクリームを使ったパンは、

夏に限ったものではなく、

通年で扱っているところもありますが、

爽やかな味がやはり夏を思わせるのでしょう、

暑い日にパン屋に立ち寄ると、つい手が伸びていました。

ということで、この夏出会ったおいしいレモンクリームたちをまとめました。

 

 

北谷・MAYBE BAKERYのレモンデニッシュ
f:id:mutsumin33:20180913212634j:image

 

この手のデニッシュはあまり普段買わないのですが、

(フルーツが載ってるようなやつ)

レモンクリームなら、と思ったのと、

層がきれいだな、と思って。

こういうの見てるだけで楽しい。美しい。
f:id:mutsumin33:20180913212656j:image

 

シチリア産レモンを使っていて、

気のせいか、酸味がとっても効いているように思いました。

 

新都心・le cuipのレモンパイ
f:id:mutsumin33:20180916164415j:image

こちらは手のひらほどもありそうな、大きなサイズ。

 

生地がデニッシュ生地よりもざくざく感があって、

甘さと酸味がガツンとくる、しっかりしたクリームがたっぷり。

お腹いっぱいになります。

(ちなみに先日お店へ行ったら、レモンではなく別のクリームになっていたような。

季節によってバリエーションがあるのかも)

 

ちなみにこの形、

フランスでよくみる、

ショソン・オ・ポム(Chausson aux pommes)

に似ています。

 

ショソン、とは、スリッパのこと。

形がスリッパの先端に似ていることから、この名がついたそう。

要はアップルパイ。

中にりんごのコンポートが入っていて、

そのフィリングによって名前も変わります。

表面に葉っぱのような模様が入っているものも。

 

このレモンパイも、

表面の模様こそないものの、

ショソン・オ・ポムみたい!と思いました。

たぶん本番フランスでもこんなふうに売られているのでしょう。

おおきくて、甘いやつ。食べたい!

 

写真はフランスではなく、ドイツ・ベルリンで見かけたパティスリーのウィンドウ。

ヨーロッパのパン屋巡りしたい!
f:id:mutsumin33:20180916165035j:image