沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

《7/10オープン》北谷・yokodaパン工房

北谷の丘の上に、かわいいパン屋さんができました。

 

yokodaパン工房

f:id:mutsumin33:20190807115433j:plain

 

7月10日にオープンしたばかり。

住宅街の中に、白い壁と、小さな看板が目印です。

 f:id:mutsumin33:20190807115628j:plain

 

カウンターには、惣菜系から甘いパン、ベーグルなど、種類もいろいろ。

落ち着けそうなイートインスペースもあります。

 

バゲットや、カンパーニュなど、

食事に合いそうなパンの種類がいろいろあり、

眺めているだけで楽しい。(わたしだけでしょうか)


f:id:mutsumin33:20190801215105j:image

 f:id:mutsumin33:20190807115212j:plain


で、悩んだあげく、結局バゲット買っちゃいました。

香ばしい香りの皮と、もっちりしたクラム。

口に入れると、小麦のうまみから、

最後に後味がほんのりと、

カンパーニュのような酸味がふわっと広がるのが面白い。

 

塩パンもおいしい!

f:id:mutsumin33:20190801213639j:image

塩パンの二つとなりの、ウインナーのパンもいただきましたが、

生地がもっちりしていて、食べ応えがありました。

もちもち生地が好きな方は、甘い系も含め、どのパンもきっと好きなラインナップではないかと思います。


お店の方とお話していると、

ご近所さんらしき女性三名が来店されました。

もしかしたら三世代(おばあちゃん~孫)かな、と思わせる感じで、

「このパンまだあるー?」「もう売れちゃって出てるだけなんです」「このパンスライスしますか?」など、

常連さんであろう会話が交わされ、

すでに地域に愛されるお店なんだなあと実感しました。

 

こういうの、すごくいいなあと思う。

日々の生活に寄り添い、気軽に行けて、毎日食べても飽きないパン。

それを買いに行ける場所があること。


店内の雰囲気、パンが整列しているようすなど、

お店のお二人の柔らかな印象がそのまま表されているようで、

とっても素敵だなあと思いました。

f:id:mutsumin33:20190807121234j:plain


きょうのパン屋:

yokodaパン工房(北谷町桃原)

f:id:mutsumin33:20190807121026j:plain

f:id:mutsumin33:20190807114959j:plain