沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

くるみぱんを焼く

先日、くるみとクリームチーズのぱんを焼いたのですが、

焼き上がりがなんか、じゃがいもみたいで、

味はまあ普通においしかったのですが、

焼き色しっかりなほうが個人的に好きなので、

今回は温度高め、粉の配合も変えて焼きました。

f:id:mutsumin33:20191112200310j:image

いい色ー!しばらく眺めました。

 

ちなみに前回はこちら。(見た目じゃがいも)

f:id:mutsumin33:20191112200425j:image

焼いたときの温度と、粉の配合が違うから、その違いがわかりやすく出ました。

 

くるみは、事前にローストしてから生地に混ぜ込むのですが、

あえて粗めにして食感を残すようにしました。

f:id:mutsumin33:20191112200333j:image

くるみごろごろが理想なのですが、

パンのふくらみに影響しないかなと気になりながら。

でもちゃんとふくらみました。

 

むしろ、最近急に朝晩の気温が下がってきたことで、

室温では二次発酵しなくなってきたことのほうが事件。

そうですよね、もう11月も半ばですもの。

室温と乾燥に気をつけて焼かないといけない季節です。

 

私が好きなくるみぱんは、Le Cuipのくるみぱん。
f:id:mutsumin33:20191112200808j:image

素朴な見た目とうらはらに、どこを食べても大きなくるみがたくさん詰まっているのです。

生地がほんのり紫色がかって見えるのが不思議。何が入っているんだろう?といつも思います。

ふわふわで、表面つるんとしたくるみぱんもいいけど、最近はこのどっしりした方が好きです。