沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

首里・僕ができること。の高級食パン「心意気」

行ってきました。

首里にできた高級食パン専門店。

「僕ができること。」←店名ですf:id:mutsumin33:20191123164142j:image

 

首里の県道29号線・当蔵交差点のファミリーマート隣にあります。

平日の午後に行きましたが、この日は雨降りだったこともあって行列もなく、すぐに買うことができました。

 

パンの種類は今のところ一種類。

プレーンな食パンの「心意気」

f:id:mutsumin33:20191123164233j:image
f:id:mutsumin33:20191123164304j:image

バターと生クリームが入っており、

生地自体がリッチな配合なので、

外側の焼き色も全体的にきれいに入っています。

 

ちぎってみると、思ったよりもさっくりとした印象。これまで食べた高級食パンとは明らかに違う触感。

f:id:mutsumin33:20191123164327j:image

 

新都心の3つの生食パンと大きく違うのは、

「はちみつ」が入っているかいないか。

新都心の3つには、すべてはちみつが入っているのに対して、

僕ができること。の食パンには入っていません。

はちみつの保水性がどれだけすごいか、ということがわかります。

 

でも、はちみつって、独特の風味に加え、やはり甘みも強く感じやすいように思うのです。

なので、僕ができること。の食パンは新都心の3つと比べると軽やかでシンプル。

その意味で言うと食べ飽きないのかも、と個人的には思います。トーストもサクサクに焼けるのではと期待!(わたしはトースト好き)

これだけ高級食パンの選択肢が増えると、あとは個人の好みになるのでしょうね。(はちみつももちろん大好きです)

 

調べた限り、配合が近いと思われるのは「に志かわ」の食パンですが、

に志かわさんは、パンに合うように研究された「アルカリイオン水」を使っているので、はちみつの有無だけでない違いもあるのでしょう。

 

しかしこの紙袋のインパクト。

パン屋さんとは思えない感じです。f:id:mutsumin33:20191123164455j:image
f:id:mutsumin33:20191123164517j:image
表と裏で違うデザインですが、どちらの面で持っても目立つこと間違いないでしょう。

 

レーズンが入った「果実なキモチ」は、まだ販売開始日が決まってないそうですが、楽しみに待ちたいと思います。

 

きょうのパン屋さん:

高級食パン専門店・僕ができること。

(首里当蔵町)

f:id:mutsumin33:20191123164645j:image