沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

酵母がうまく働かないときに考えること

このひと月くらい、何回かパンを焼いていたのですが、
前によく使っていた「こだま酵母」に戻したのに、
なぜかいつものように予備発酵でブクブクしないのです。
なんでだろう、と思いながらこねて焼くと、
まあそれなりにふくらんで、食べられる感じだったのですが、
やはり何かおかしいと思っていました。

いつものブクブク。うつわのふちの高さに注目。

 
今回の、ブクブクしない様子

全然違うのです。

ある時は、生地がベタベタすぎて成形もできないくらいで、
もうわたしパン作れないのかしら、と一瞬思ったりして。(おおげさ)
 
 
そこで気づいた。パッケージの「ドライG」の文字。

 
ホームベーカリー用で5グラムずつ個包装になっているから
楽ちんじゃーん、と思って買ったものの、
ホームベーカリー用なので、粉に直接混ぜられるタイプだったのです。
 
だから、予備発酵の必要がない
=予備発酵に使った水(30ml)は余分
=生地がベタベタ
だったのです。
 
ベタベタで大変だったときの、ゆでる前。
オリーブの形も透けて、表面がぼこぼこしています。

 

原因がわかって、正しい水分量で生地を仕込んで成形したとき。

表面もぴしっとしてます。

 
せっかくなので焼き上がりの違いも。
ベタベタでボコボコだったほう。(写真は専属カメラマンによるので上手です)

 

正しい水分量のほう。

やはり見た目が違いますね。

 

最近いろいろ勉強したのもあるけど、
パン作りはまさに化学反応のたまもの。
うまくいかない時は必ず何か原因があるのです。
奥が深い。おもしろい。