沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

首里・ピッコロモンドのブレッツェル

先日見つけたブレッツェル。

よく見るサイズよりも小ぶりで可愛らしかったのです。

 

首里・石嶺にあるピッコロモンドで見つけました。

 

小さいわりに、塩はしっかり効いていて、

うっかりそのまま食べていたらしょっぱくなって、

あわてて塩を落としながらいただきました。

ランチに食べたけど、ワインが飲みたくなってしまいました。

細い部分が多いので、おつまみにちょうど良い感じです。 

 

忘れたころに登場する、ブレッツェル関連の過去記事もぜひ。

 

ところで、この記事を書くと、

Pから始まる「プレッツェル」なのか、

Bから始まる「ブレッツェル」なのか論争が沸き起こるのですが、

ドイツに住んだことのある方によると、Bから始まるとのこと。

実際つづりも "Brezel"なのですよ。

 

いろいろ調べてみると、どうやら英語だと”Pretzel”=Pから始まるようなのです。

グリコの「プリッツ」に引っ張られて、

日本ではPから始まる「プレッツェル」のほうが広まってるのかな、

なんて思いました。