沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

2017年のパン事情を振り返る

気づけばもう12月も半ば。時間がたつのは早いですね。

ということで、今年わたしが知る範囲でのパンにまつわる出来事、

感じたことなどを振り返ります。
f:id:mutsumin33:20171214215007j:image

 

那覇市内では… 

4月:Pain de Kaito那覇店(西町)オープン

 

breadokinawa.hatenablog.com

 

 

春ごろ:パン・ケーキ屋経営してた企業が廃業、パン業界にも働き方改革の波か

 

breadokinawa.hatenablog.com

 

8月:食パン専門店 乃が美はなれ 沖縄おもろまち店オープン

ご近所すぎて、未だに行けていませんが、

小禄からわざわざ買いに行くという人も、私の周りにいます。

 

世の中的には…糖質制限が大ブーム。

 

個人的には、ホットサンドに凝り、

そのタイミングでホットサンドメーカーをいただいたこともあって、

ホームベーカリーでパンを焼いては、サンド用に薄くスライスしてました。

食パンもいろいろ食べ比べ、お気に入りを見つけつつあります。

 

breadokinawa.hatenablog.com

 

 

そして、

しばらくおとなしかった新都心エリアも、パン屋戦国時代がふたたび到来の予感。

 12月中には、いまいパン2号店が古島にオープン予定だそうです。

 

ちなみに第一次戦国時代だと言われていたのは、10年くらい前になるでしょうか、

アルザスの森、

窯、

パリのパン屋さんボンジュール

の3強時代。

 

アルザスの森は、小禄にもあって、ミニクロワッサンが人気でした。

私はハード系も好きでした。

 

窯は、現在も変わらぬ人気で、カレーパンが有名ですね。

当時はラウンドパンがなかなか買えないと、幻のパンみたいに言われていました。

 

そしてパリのパン屋さんボンジュール。

サイコロ状の四角いクリームパンで一大旋風を起こしました。

あぁ懐かしい。

 

今年は、相棒(愛車)を手に入れたおかげで、

あちこちパンを求めて出かけるようになりましたが、

ここに書き留めたり、リピートするお店は、

作り手が丁寧に心を込めて焼いているだろうなと(勝手にわたしが)感じるお店。

そういうお店が、ブームの波に流されることなく、

ちゃんとその地に根付いて続いてほしいなと思います。

 

あと、お出かけが楽しすぎて、今年はあまり自分では焼かなかったので、

そろそろ焼かなければ…とも思っています。

 

来年もおいしいパンとたくさん出会えますように!
f:id:mutsumin33:20171214215148j:image