沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

食パンの膨らみが甘い理由がわからない

年度末を迎え、別れの季節。

今の職場の皆さんとは3月末でバラバラになるので、

お昼休みにみんなでお弁当を食べる、という、

普通のことさえも、貴重な時間になっています。

 

そんな皆さんに、ぜひ食べてほしいなと、

食パンを焼きました。

 

時間差で仕込んで、2本分。

 

作業自体は全然余裕なのですが、

やはり型に油がなじまず、今回は底にもくっついてしまって、

焼き上がりを取り出すのに苦労。

 

あと、前に山食を焼いたときと比べて、窯伸びがもう一息、

なような気がしました。

前回と、

 

今回の焼き上がり。

伸びの勢いが前ほどではないような気がしました。

 

考えられることは、

・今回湿度が低かった。(今回約40%、前回約58%)

焼成時に生地から蒸発する水分が少ない

→生地が持ち上がらなかった?

 

・前回の山食のあと、コーン食パンを焼いたから?

→そのせいで型にこびりつきやすくなって、上がらなかった?

 

単純に、あと数分焼いたら変わったのかな、とも思うのですが、

なんでかなー。

味は普通においしいのでいいんですがー。

まだまだ修行が必要です。