沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

【過去最高の美しさ】山型食パン

ステイホーム中に、

実は一度だけ食パンを焼いたのですが、

これが今までにありえないほどの失敗っぷり。

 

型から離れなくて、

ナイフを入れたりいろいろやって、

ようやく出せたものの、

まさかの真ん中から崩壊…

こんなことってあるの??

こんな食パン見たことない、というほどで、

もう焼けないかもしれない…と

思ったり思わなかったり。

 

型に油をなじませるために、

から焼きしたり手入れをして、

できる限りの対策を講じて、

久々に食パンづくりに臨みました。

 

粉も変えました。

イーグルです。
f:id:mutsumin33:20200607181749j:image

カメリア、王門の次くらいに、

一般的にみかける強力粉ではないかと思います。

たんぱく量が多いので、

ふわっとふくらむことを期待して。

 

いつものレシピで仕込み、

いよいよ型へ入れます。

くっつかないように、

油も多めに塗ってみました。

 

最終発酵前

f:id:mutsumin33:20200607181806j:image

 

最終発酵後

ふかふか。気持ちよさそう。
f:id:mutsumin33:20200607181817j:image

 

焼きます。

210度で15分、向きを変えて4分、2分。

なんと美しい焼き色!
f:id:mutsumin33:20200607181828j:image

 

そして、いよいよ型から出す瞬間。

型からはがすために、竹串も用意して、

いざ!さかさまにすると、

なんと、まるで滑るようにするっと抜け落ちたのです!

思わず歓声を上げてしまいました(笑)

 

はがれたりしてなくて、

つるんとした側面。

角もきれいに焼けているし、

ホワイトラインもほどよい。

ああきれいだ~~

ずっと見ていたい~~
f:id:mutsumin33:20200607181843j:image

 f:id:mutsumin33:20200607181854j:image

 

中はこんな感じ。

ちょっと気泡が荒かったけど。

f:id:mutsumin33:20200607213554j:image

写真ではあまりわかりませんが、

すこーし黄色がかっています。

粉の特性か、気のせいか。

 

トーストすると、こんな感じ。

さくっと歯切れの良い食感でした。

f:id:mutsumin33:20200608122333j:image

 

結局のところ、

型からするっと出すには、

あんなに苦労したけれど、

単に油多めに塗ればよいのだ、という、

何とも単純な答えが得られてよかったです。

あと、継続的に焼いて、型を使い続けて、

型に油をなじませる、ということも、

きっと大事なポイントだと思うので、

定期的に焼きたいな、とも思います。