沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

読谷・おかし工房よみたんのカラキサブレ

先日、とあるホテルに泊まりにいったとき。

ラウンジにドリンクやお菓子があったのですが、

そこにあったカラキサブレが

とても美味しかったのです。

f:id:mutsumin33:20200829110036j:image

 (素敵なラウンジ。

いつまでもいられる空間)

 

カラキとは、

和名で「オキナワニッケイ」という植物で、

大宜味村国頭村など、

やんばるに自生しています。

「からき茶」なども、やんばるの道の駅に行くと

売られていますよね。

お茶も一時期はまったなあ。

f:id:mutsumin33:20200829110119j:image
f:id:mutsumin33:20200829110137j:image

しかも、北部農林高校の生徒さんと

研究を重ねて開発されたそうなのです。

 

 

ホテル内には販売されていなかったので、

スタッフの方に聞きましたら、

「おかし工房よみたん」

で売られているとのこと。

帰りに寄って購入しました。 

 

地図で調べて行ってみたら、

なんと、オキハムの敷地内にありました。

お菓子屋さんがあるなんて知らなかった!

f:id:mutsumin33:20200829110058j:image

(お皿も素敵ですね。)

(これもこのお出かけで買っちゃった)

 

しっかりとした色味が出ています。

これだけしっかり風味があるので、

どれだけの量のカラキが入っているのかな?

そこがきっと開発で難しいところだったのでは、

と想像しています。

 

おかし工房よみたんには、

焼き菓子だけでなく、生菓子、

ケーキもいろいろありました。

ロールケーキもいただきましたら、

ふわっふわで、

口の中で溶けてなくなっていきました。

いつか一本買ってみたい!

 

きょうのお店:

おかし工房よみたん(読谷村)
f:id:mutsumin33:20200829111803j:image


f:id:mutsumin33:20200829111814j:image