沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

番外編・淡路島のたまねぎブレッド

先日、仕事で淡路島へ行きました。

行ったことも、縁もゆかりもない場所なので、いろいろまわりの人に話を聞いていたら、出てきたのが、

 

たまねぎと牛肉は絶対食べてきて!

 

ということでした。

( 食べ物だけ??ほかは??)

 

ちょうど台風接近のころで、行けるのか、行けないのか、こんな天気の中知らない島に行くなんて、まるで島流しじゃないか…と、前日までテンションかなり低めで出発の日を迎えました。

 

飛行機、バス、そしてまたバスを乗り継いで、辿り着いた淡路島は、なんとものどかな島。

会議の前のクイックランチに、会場のホテルのベーカリーを覗いてみたら、こんなパンが!

 

淡路たまねぎブレット
f:id:mutsumin33:20170918132801j:image

 

早速出会いました!たまねぎ!

上にスライスしたたまねぎがたっぷりのっていて、中にはベーコンとチーズがこれまたどっさりと。ブラックペッパーも効いています。

 

淡路島のたまねぎ、甘いんですね。

焼くと甘くなるのはどれも一緒かもしれないけど、味がぎゅっと濃い感じがしました。

パン生地、チーズなど、主張の強いものと合わさってるのに、全然負けてないのです。すごいですね。

 

淡路島の方に話を聞くと、

なんと自給率が100%を超えているとのこと。

たまねぎだけでなく、お米や乳製品、卵なども新鮮でおいしいものがたくさんでした。

たまねぎのほかには、サイコロステーキと、朝食のヨーグルトがおいしかった〜

普段積極的にお肉を食べないわたしが、珍しくおかわりをもらいにいったほど。
f:id:mutsumin33:20170918132831j:image

 

 目の前の海のすぐ向こうに、大阪の街があり、水平線じゃない海の景色もまた新鮮。
f:id:mutsumin33:20170918132932j:image

 

弾丸出張で、会議の会場のほかは全然島を回れなかったけれど、

自然と食は、そこに来る人を感動させる強力なコンテンツだと、改めて感じました。

 

ちなみに、会場は安藤忠雄設計の建物で、面白い造りになっていました。

 f:id:mutsumin33:20170918133145j:image

なぜかホタテ貝。
f:id:mutsumin33:20170918133218j:image

大阪湾埋立のために土砂を採取した跡地。

震災の鎮魂の意味も込めて、お花が植えられた丘。

震災、もうずいぶん経ったなあと思いました。
f:id:mutsumin33:20170918133239j:image