沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

続・ミルクフランス

先日、ミルクフランスを紹介した、宜野湾・宇地泊のスーリールで、

別のミルクフランスがありました。

くるみのミルク ハードボイルド 

 

厳密にいえばフランス生地ではないので、

ミルクフランスじゃないじゃん!と言われそうですが、

まあ系統が一緒なのでいいかなと。

 

名前のとおり、くるみが生地に入っています。

しっかりと噛み応えのある生地に、軽やかなミルククリームがたっぷり。

ひと口かじるたびに、切れ目からあふれ出るほどです。

 

ところで、くるみが入った生地で不思議だなと思うのが、

生地がほんのり紫色?赤みがかって見えること。

このパンや、Le Cuipのくるみパンも同じように、クラムが色味のある生地なのです。

くるみが持つ成分のせいなのでしょうか。

ぜひ見ていただきたいのですが、いつもあっという間に食べてしまうので、

肝心の写真はございません!ごめんなさい。

ぜひ皆さん実物を食べて、見てみてくださいね。

 

↓cuipのくるみぱん。どこを食べてもくるみがぎっしり。

 

 

きょうのパン屋さん:

sourire(スーリール) (宜野湾・宇地泊)

f:id:mutsumin33:20190714220512j:plain
f:id:mutsumin33:20190714220535j:plain