沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

宇地泊・レーゲンスのプレッツェル

ドイツ菓子専門店のレーゲンスでは、
実はパンも販売しています。
先日初めてプレッツェルに出会いました。


f:id:mutsumin33:20190813110325j:plain



ふつうのプレッツェルと、
チーズのプレッツェルがあって、
ひとつずつ買って、ひとつは友達に。
わたしは写真のチーズをいただきました。

生地がふかふかしてるところに
たっぷりのチーズとブラックペッパー。
そして細い部分はスナックのような軽やかさ。
お酒に合いそう~!

お昼すぎごろに行ったのですが、
種類も多く、黒パンもありました。
次ぜひ食べてみたい!

あと、ケーキももちろんおいしくて大好きなのですが、
モンブランがかわいいんですよー
細いクリームを絞った、よく見るあの姿ではなく、
まるでケーキのお家のようなメルヘンさ。
ホールだと屋根にピンクのお花が載ってなおさらかわいい!
店頭でぜひ実物を見てみてください。

きょうのお店:
レーゲンス(宜野湾・宇地泊)


f:id:mutsumin33:20190813110245j:plain

《7/10オープン》北谷・yokodaパン工房

北谷の丘の上に、かわいいパン屋さんができました。

 

yokodaパン工房

f:id:mutsumin33:20190807115433j:plain

 

7月10日にオープンしたばかり。

住宅街の中に、白い壁と、小さな看板が目印です。

 f:id:mutsumin33:20190807115628j:plain

 

カウンターには、惣菜系から甘いパン、ベーグルなど、種類もいろいろ。

落ち着けそうなイートインスペースもあります。

 

バゲットや、カンパーニュなど、

食事に合いそうなパンの種類がいろいろあり、

眺めているだけで楽しい。(わたしだけでしょうか)


f:id:mutsumin33:20190801215105j:image

 f:id:mutsumin33:20190807115212j:plain


で、悩んだあげく、結局バゲット買っちゃいました。

香ばしい香りの皮と、もっちりしたクラム。

口に入れると、小麦のうまみから、

最後に後味がほんのりと、

カンパーニュのような酸味がふわっと広がるのが面白い。

 

塩パンもおいしい!

f:id:mutsumin33:20190801213639j:image

塩パンの二つとなりの、ウインナーのパンもいただきましたが、

生地がもっちりしていて、食べ応えがありました。

もちもち生地が好きな方は、甘い系も含め、どのパンもきっと好きなラインナップではないかと思います。


お店の方とお話していると、

ご近所さんらしき女性三名が来店されました。

もしかしたら三世代(おばあちゃん~孫)かな、と思わせる感じで、

「このパンまだあるー?」「もう売れちゃって出てるだけなんです」「このパンスライスしますか?」など、

常連さんであろう会話が交わされ、

すでに地域に愛されるお店なんだなあと実感しました。

 

こういうの、すごくいいなあと思う。

日々の生活に寄り添い、気軽に行けて、毎日食べても飽きないパン。

それを買いに行ける場所があること。


店内の雰囲気、パンが整列しているようすなど、

お店のお二人の柔らかな印象がそのまま表されているようで、

とっても素敵だなあと思いました。

f:id:mutsumin33:20190807121234j:plain


きょうのパン屋:

yokodaパン工房(北谷町桃原)

f:id:mutsumin33:20190807121026j:plain

f:id:mutsumin33:20190807114959j:plain

《8/23オープン》銀座に志かわ 沖縄那覇店

ひさびさにポストを開けたら、こんなちらしが入っていました。

生食パンのお店がオープンするそうです。

f:id:mutsumin33:20190805202935j:plain

 

先日、こちらの目と鼻の先に、

こちらも生食パンの「晴れパン」がオープンしたばかりなのに!

 

半径300メートルくらいの中に、

「乃がみ」を含めて、

生食パンのお店が三軒もできることになります。

新都心は生食パン激戦区になりますね。

オープンしたら行ってみたい!

新都心・晴れ時々パンの純生食パン

この夏の沖縄は、6/27サンエーパルコシティ、7/11セブンイレブンと、

ショッピングスポットのオープンラッシュ。

わたしはどちらもまだ行けていないのですが、

その、セブンイレブンと同じ日に新都心に生食パンのお店がオープンしました。

 

純生食パン工房

HARE/PAN 晴れ時々パン

f:id:mutsumin33:20190718161204j:image

 

商品は、二斤・864円のみ。

さわやかなブルーの紙袋が素敵です。

 

お店の方が、少し甘めの生地なんですよ、

とおっしゃっていたように、

はちみつも入っているからか、

しっとりとして、じんわり甘いので、

いくらでも食べてしまいそう。

 

昨年1月に埼玉県越谷に本店がオープン、

沖縄が15店舗目なんですって。

 

生食パンって、卵を使用しないのですね。

確か「乃がみ」もそうだったはず。

卵を入れるとパンの骨組みがしっかりしてしまうんですかね。味の問題なのでしょうか。

 

きょうのパン屋さん;

純生食パン工房

HARE/PAN 晴れ時々パン


f:id:mutsumin33:20190718161334j:image

f:id:mutsumin33:20190718161345j:image

宇地泊・sourireの黒糖ラスク

ラスクって、パン屋さんでたまに見かけますが、

わたしはこの黒糖ラスクが好きです。f:id:mutsumin33:20190714220443j:image

 

お店が職場の近くなので、

前の上司がよく差し入れで買ってきてくれたのが出会い。

黒糖の濃厚な甘さが疲れた体にしみわたるようにおいしく、

3つ4つと、ひとりでうっかりたくさん食べてしまうことがあり、

ああこれはわたし好きなんだな、と自覚して、

自分でも買うようになりました。

 

たぶん食パンの耳などで作っている感じなので、

必ず出会えるわけではないのですが、

昔わたしパン屋さんでバイトしてた時に、

その店でも同じようなラスクを作っていたのを思い出しました。

天板いっぱいに焼かれたラスクを、

手でほぐしながら袋に詰めて、赤い留め具をねじって留める。並べる。

あのときもやっぱりよく売れてたから、

世代を越えてみんなに愛されるおやつなのでしょう。

 

きょうのお店;

sourire(宇地泊)


f:id:mutsumin33:20190714220512j:image
f:id:mutsumin33:20190714220535j:image

 

宮古・伊良部島のうずまきパン

先日、宮古島へ行ってきました。

いくつかパン屋さんも調べていたものの、

日帰りで時間もなく、とてもお店を探したりする余裕はありませんでした。

 

唯一買ったのは、

昔からの名物、うずまきパン。

f:id:mutsumin33:20190713105037j:image
もう10年くらい前に行った時に食べて以来。

その時の記憶では、クリームがじゃりっとして、ものすごく甘かったように思うのですが、

今回はクリームの甘さがちょうどよいくらいに感じたのです。

私の記憶が曖昧なのか、それとも月日を経て味覚が変わったのか・・・

 

うずまきパンは、宮古空港でも買えるのですが、

私は伊良部島のJAさらはまで買いました。

実は宮古島ではなく、伊良部島のメーカーらしく、

レジ横のコーナーにはうずまきパン以外にも、

ピーナツパンやあんぱん、メロンパンなどもありました。

 

友人がメロンパンも買っていたので、

帰りの飛行機の中で食べました。

f:id:mutsumin33:20190713104832j:image

 

四角いユニークな姿の中には、うずまきパンのものよりも軽い、さっぱりしたクリームが挟まれていました。

やっぱりピーナツパンも買えばよかったー!

 

(おまけ)

宮古島といえばマンゴー!

このジュースがものすごくおいしかった!

県外からの友人もとても感動していました。f:id:mutsumin33:20190713104902j:image

 

【行ってきました】デパートリウボウ・おいしいパンとコーヒー

今年で2回目の、リウボウでのパンイベント。

最終日に滑り込みで行けました。

f:id:mutsumin33:20190701182904j:image

 

前回の10店舗から、今回は期間限定の出店も含めて、16店舗とさらに充実。

みなさんじっくりお買い物されている様子でした。

 

ものすごくお腹がすいて行ったわたし、

肉が焼けるにおいに誘われて、

マーベリックバーガーのハンバーガーをいただきました。

f:id:mutsumin33:20190701183203j:image

 

このバンズ、お隣で出店していた「いまいパン」さんのものなのです。

ふつうのバーガー屋さんのものよりも、

表面さっくり、軽やかな感じがして、

パティも、ゴロゴロと肉の食感があっておいしい!

ボリュームのわりにぺろっと食べてしまいました。(お腹すいてただけかも)

 

 

思ったこといろいろ。

・前回よりもイートインスペースが広くて、テーブルクロスが敷いてあったり、各テーブルにふきんや紙ナプキン、フライヤーなど置いてあって、落ち着いて食べられる雰囲気だった。

 

・お客様は9割が女性。それも、赤ちゃん連れの方が多かった。それでも、イートインがゆったりだったし、コーヒーもデカフェを出していたので、「久々においしいコーヒー飲めた~」と、赤ちゃんにミルクあげながらママたちが会話していた。いいねこういうの。

 

・個人的には、大好きなお店がでているので十分満足なのですが(しかも行列していたからうれしかった)、

超目玉となる目新しい出店はなかったかなー。最近県内で新オープンがないからでしょうか。(全くないわけではないんですけど)

 

 

これだけパン屋さんがあっても、

日々の生活のなかでわざわざパンをパン屋さんで買うって、なかなかできないもの。

そんな時間ないって方が多いはず。

 

イベント=非日常での出会いから、

今度は店舗に行ってみよう、という方がふえて、

そしてそれが、日常の気分転換とかにつながったりしたらいいな、と思いました。

実際わたしはそうなのです。

「あのお店のあのパンを買いに行く」みたいなことがよくあります。

 

そうして、いろいろなパン屋さんができたり、

面白い商品が出てきたり、

他業種とコラボしたり、

「沖縄のパン事情はなにやら面白いぞ」

と注目されたらいいなと思いました。

来年も期待します!