沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

番外編・淡路島のたまねぎブレッド

先日、仕事で淡路島へ行きました。

行ったことも、縁もゆかりもない場所なので、いろいろまわりの人に話を聞いていたら、出てきたのが、

 

たまねぎと牛肉は絶対食べてきて!

 

ということでした。

( 食べ物だけ??ほかは??)

 

ちょうど台風接近のころで、行けるのか、行けないのか、こんな天気の中知らない島に行くなんて、まるで島流しじゃないか…と、前日までテンションかなり低めで出発の日を迎えました。

 

飛行機、バス、そしてまたバスを乗り継いで、辿り着いた淡路島は、なんとものどかな島。

会議の前のクイックランチに、会場のホテルのベーカリーを覗いてみたら、こんなパンが!

 

淡路たまねぎブレット
f:id:mutsumin33:20170918132801j:image

 

早速出会いました!たまねぎ!

上にスライスしたたまねぎがたっぷりのっていて、中にはベーコンとチーズがこれまたどっさりと。ブラックペッパーも効いています。

 

淡路島のたまねぎ、甘いんですね。

焼くと甘くなるのはどれも一緒かもしれないけど、味がぎゅっと濃い感じがしました。

パン生地、チーズなど、主張の強いものと合わさってるのに、全然負けてないのです。すごいですね。

 

淡路島の方に話を聞くと、

なんと自給率が100%を超えているとのこと。

たまねぎだけでなく、お米や乳製品、卵なども新鮮でおいしいものがたくさんでした。

たまねぎのほかには、サイコロステーキと、朝食のヨーグルトがおいしかった〜

普段積極的にお肉を食べないわたしが、珍しくおかわりをもらいにいったほど。
f:id:mutsumin33:20170918132831j:image

 

 目の前の海のすぐ向こうに、大阪の街があり、水平線じゃない海の景色もまた新鮮。
f:id:mutsumin33:20170918132932j:image

 

弾丸出張で、会議の会場のほかは全然島を回れなかったけれど、

自然と食は、そこに来る人を感動させる強力なコンテンツだと、改めて感じました。

 

ちなみに、会場は安藤忠雄設計の建物で、面白い造りになっていました。

 f:id:mutsumin33:20170918133145j:image

なぜかホタテ貝。
f:id:mutsumin33:20170918133218j:image

大阪湾埋立のために土砂を採取した跡地。

震災の鎮魂の意味も込めて、お花が植えられた丘。

震災、もうずいぶん経ったなあと思いました。
f:id:mutsumin33:20170918133239j:image


 

 

パンを焼く〜きたほなみを使って

久しぶりにパンを焼きました。

 

今回使った小麦について。

国産小麦で有名なのはやはり北海道。

はるゆたかとか、春よ恋、ゆめちから、キタノカオリとか、

似た名前でよく間違いますが、

ほんとうに色々な種類があって、私はわりと知ってる方だと思うのです。

が、聞きなじみのない名前の粉がありました。

それが、きたほなみ
f:id:mutsumin33:20170828174323j:image

 

全力でうどん推しのパッケージ。

北見で小麦なんて作ってるんですね。それも驚きですが。

グーグルさんに聞いてみれば、中力粉だそうです。

うどんはもちろん、お菓子にもそのまま使えるとのことなので、

どちらかといえば薄力粉に近い粉なのでしょう。

 

どんな感じか試してみたくて、買ってみました。

パッケージに反して、私はパンに使うので、強力粉とブレンドします。

 

選んだのは、スーパーでも売られている定番のカメリア。

強力粉も国産がいいかなと迷いましたが、

もっちりどっしりしすぎるのもなーと思ったので、あえての外国産です。

カメリアときたほなみを2:1でブレンドしました。

カメリアに比べると、きたほなみはほんのり黄色みがかっていました。

 

こねあげ後と、一次発酵後
f:id:mutsumin33:20170828174354j:image
f:id:mutsumin33:20170828174420j:image

なんだかんだで、まだ暑いので、室温で1時間でふくらみました。

これ以上やると多分発酵過多でしょう。

 

丸めてベンチタイム〜成形して二次発酵

 生地を休ませるあいだに、生地に入れる具の準備もします。今回はチョコとチーズ。
f:id:mutsumin33:20170831201622j:image
f:id:mutsumin33:20170831201533j:image

 

成形して二次発酵、そして焼きあがりがこちら。


f:id:mutsumin33:20170831201737j:image

f:id:mutsumin33:20170831201827j:image

チーズはエメンタールと、カルディのとけるチーズ(ゴーダともう1種類のブレンド)をめいっぱい包みました。

チョコもチョコチップを生地が透けるほどにたくさん入れて。

 

チーズのほうを食べましたが、生地がもっちりでおいしかった。きたほなみのおかげかな。

チョコのほうも、食べていただいた皆さんから好評でした。ありがとうございます!

次はくるみのパンかなー

 

糸満・豆豆の全粒粉パン

久しぶりに糸満ファーマーズマーケットに行ったときのこと。

パンコーナーにかわいらしい一角がありました。

 

豆豆
f:id:mutsumin33:20170828152358j:image

 

形がころんとした、優しい印象のパン。

普段はクラストがカリカリ、いい色に焼けた固いパンに手が伸びるのですが、なんだかおいしそうと思って、全粒粉のパンを買ってみました。

f:id:mutsumin33:20170828152456j:image 

 

スライスすると、中はしっとり。

パンというよりパウンドケーキみたいな食感。
f:id:mutsumin33:20170828152531j:image

 

素朴でやさしい味。天然酵母にたまにある、酸っぱい感じは全然ありません。

はちみつバターつけて食べたらおいしいかも。

あと、クリームチーズとブルーベリーとか。

 

今回は糸満でしたが、

県内のファーマーズでは、近隣のパン屋さんの商品も並んでいたりして、

さながらパンのセレクトショップ風(言い過ぎ?)で、意外と面白いです。

あと、おもちとか、団子とか。安いしね!

 

まだまだ日中は暑い沖縄ですが、

朝晩の風は少しずつ涼しくなってきて、

久しぶりにパン焼こうかな、と思うような気候です。
f:id:mutsumin33:20170828152621j:image

 

きょうのパン屋:

豆豆(糸満

 ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ広場

で購入できます


f:id:mutsumin33:20170828152648j:image

 

番外編・VIRONのレトロドール

先日、仕事で東京へ行く機会がありました。

終わって羽田空港へ向かう前に、ちょうど近くだったので、丸の内のVIRONに寄っちゃいました。うふふ。
f:id:mutsumin33:20170818103503j:image

 やったー!

 

たまにしか行けないお店だけど、やっぱり買うものは定番ものになってしまいます。

 

レトロドール
f:id:mutsumin33:20170818103244j:image

はじっこがちぎられているのは、沖縄まで待ちきれず、羽田空港で飛行機待ちながら食べてしまったから。

(1枚目の写真がそう。ゲート前でうっかり全部食べてしまうんじゃないかという勢いで…ゲート前でバゲットをバリバリ食べてる人も珍しいよなぁ…)

カリカリ、中はほんのり黄色くてもっちり。気泡もたくさん。おいしかったー。
f:id:mutsumin33:20170819164758j:image

 

サンドイッチも作りました。

ハムとチーズ、レタスのシンプルサンド

チーズはエメンタールチーズで、ほんのり塩気がちょうどよかったです。
f:id:mutsumin33:20170819164733j:image

 

カヌレ
f:id:mutsumin33:20170818103353j:image

これは絶対に買った日に食べるべきもの。

たたくとコンコンとして固いのがおいしいのです。翌日になると、びっくりするくらいふにゃっとしてしまいます。

焼き色もきれいに真っ黒で、久しぶりにおいしいカヌレをいただきました。

 

パンオレザン
f:id:mutsumin33:20170818103423j:image

手のひらくらいある、大きなサイズ!

クリームがしっかりしていて、食べ応え十分でした。

 

いつも時間がなくてテイクアウトだけど、

ほんとはテラス席でお茶とかもしたいし、

渋谷店で朝食も食べたい!(食べ放題はまだやってるのかしら?)

また近いうちに東京へ行けたらいいな!
f:id:mutsumin33:20170819165057j:image

パンの友~無農薬ブルーベリーのジャム

パンが好きと公言していると、

おいしいパンとか、パンに合うものとかいただけることが多く、

今回もおいしそうなジャムをいただきました。

(館長ありがとうございます^^)

 

無農薬ブルーベリーのジャム
f:id:mutsumin33:20170815124804j:image
f:id:mutsumin33:20170815124826j:image

ジャムですが、実がそのままごろごろしていて、

凝固剤などが入っていないので、さらっとしています。

 

ちなみに、ペクチンとは、食物繊維の一種で、

糖や酸と一緒に加熱されると、とろみがつく性質があります。

くだものの種類によっては多く含まれているので、

添加せずにそのままジャムにできるものもあります。

 

お砂糖もきび砂糖なので、ほどよい甘味がよく、

パンにはもちろん、ヨーグルトにもよく合います。
f:id:mutsumin33:20170815124903j:image
f:id:mutsumin33:20170815124847j:image

 白に紫色がよく映えます。

色が濃くて、たくさん食べたら目がよくなりそうです。

そのままパクパク食べてしまいそう。

 

 

宇地泊・レーゲンスのヴィエノワズリ

ヨーロッパではよくある、お菓子屋さんにヴィエノワズリをおいている風景。

沖縄では珍しい。

 

 ヴィエノワズリとは、

クロワッサンとか、パンオショコラとか、

バターを使ったあのさくさく生地のパンの総称で、

甘いものが多いので、お菓子屋さんに置かれていることが多いみたいです。

 

宇地泊にあるドイツ菓子のレーゲンスでは、

そのヴィエノワズリやパンも充実しています。

 

ドイツ風アップルパイ
f:id:mutsumin33:20170815121656j:image

 

持ってみるとずっしり。生地はこんなに薄いのにりんごがたくさん!

表面にはお砂糖の白いアイシングがかかっていて、シナモンが効いたりんごとよく合います

 

クロワッサン
f:id:mutsumin33:20170815121739j:image

 

大きさも、バターの感じも油っこくなく、朝ごはんにぴったりでした。

この日はたまたま日中に行くことができて、

パンの種類も豊富!テンションあがりました。

 

パンはもちろんですが、

ケーキもおいしいし、

いつも迷い過ぎてずーっとショーケースを眺めているけど、優しい店員さんは待ってくれるし、

お気に入りのお店です。

 

きょうのお店:

ドイツ菓子レーゲンス(宜野湾・宇地泊)

http://www.regens794.com/index.html

 

re seigleのパンはやっぱりおいしいと思った件

なかなかオープン日と仕事の都合が合わなくて、とっても久しぶりに行ってきました。

安里にある、天然酵母のパン屋さん

re seigle。

 

今回はこちら。 

カシューナッツのパン
f:id:mutsumin33:20170717200209j:image

ころんと小ぶりながら、中にはホールのカシューナッツがゴロゴロと。

程よい塩気とオリーブオイルがとてもおいしかったです。

 

レーズンのパン
f:id:mutsumin33:20170717200237j:image

二種類のレーズンがずっしり入っています。

 

そして、リュスティック
f:id:mutsumin33:20170717200306j:image
f:id:mutsumin33:20170717200335j:image

こんなふうに、大きな気泡が入ったリュスティック大好きです。

バゲットもこういう系が好き。

 

朝食にたまごサラダとハムをはさんでいただきました。

 

 

改めて思ったのが、

パンの香りが他のお店のパンと全然違うということ。

使う素材にこだわっているからなのか、焼き方なのか、理由はよくわからないけど、

袋を開けたときの香りが、ふわっと香ばしくて、しあわせな気分になるのです。(私だけ?)

久しぶりに食べたから、なおさらそう感じたのかもしれませんが、ちょっと衝撃的なくらい、全然違いました。

 大げさだけど、本能的に、この香りはおいしいパンだとわかって体が欲している、みたいな。うまく言い表せない…

あと、生地のうまみも群を抜いていると思う。小麦のおいしさがつまっている。 

 

 

久々に行ったら、コンフィチュールや、グラノーラなど、

パン以外にも充実していました。

 

きょうのパン屋さん:

re seigle(那覇・安里)

http://reseigle.com/