沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

カヌレ

先日立ち寄った、中城・Lu.Luのカヌレ
f:id:mutsumin33:20171109165853j:image

 

場所柄、子どもが好きそうな甘いパンや、たくさんの種類の食パンなど、家族みんなで楽しめるラインナップなのですが、なぜか片隅にカヌレ

 

カヌレって、結構手間かかると思うんですけど、わざわざ作ってるって、何か思い入れがあるのかしら…と思ってしまいます。


f:id:mutsumin33:20171109170138j:image
 

 

カヌレとは。

フランス・ボルドー地方の修道院で古くから作られてきた伝統菓子。

銅製の型にみつろうを塗って焼くのが特徴で、外側が真っ黒。たたくとコンコンというくらい固くて、中はもっちり、プリンのような味。買ったその日にいただくのがおすすめです。翌日になると、固かった表面もすっかりやわらかくなってしまいます。それでももちろん、おいしいのですが。

 

ボルドーといえば有名なのはワイン。

その、ワインのおりを取り除くために、鶏卵の白身が使われていたそう。その際に残った黄身を使って作られたのがカヌレ、とも言われているそうです。(ウィキペディアさんより。むかし別の本でも読んだことあるから、わりと有力説なのでしょう)

 

沖縄でカヌレを見たことがあるのは、さきに紹介したLu.Luと、首里のピッコロモンド

 

もしかしたら、パン屋さんでなく、ケーキ屋さんを探したほうが見つかるのでしょうか。

バニラビーンズがたくさん入ったカヌレがないかなあ。


f:id:mutsumin33:20171109170205j:image

 

【お気に入り】食パン

わたしが好きなのは角食。6枚切り。

アレルギーはないけど卵使ってないのが好きみたいです。

 

沢岻・ぱん屋uraの食パン
f:id:mutsumin33:20171017184613j:image


f:id:mutsumin33:20171017184729j:image

角食が好きと言っておきながら、いきなり山食…

でも角食みたいにしっとりしていて、すごくシンプルな食パンなんです。

結局飽きがこないのはこういうのなんだろうなあと思わせるパン。

住宅街にあるお店で、町のパン屋さんという雰囲気も好きです。

 

 

breadokinawa.hatenablog.com

 

 

与那原・まつどべーかりぃの食パン
f:id:mutsumin33:20171017184948j:image
f:id:mutsumin33:20171017185037j:image

 これぞ、ザ・角食という食パン。

美しい〜

 

 

breadokinawa.hatenablog.com

 

 

小禄ブーランジェリーメルシーの食パン 
f:id:mutsumin33:20171017185550j:image

こちらは上の2つと比べて、香りに特徴があり、トーストする前からふわっとバターの香りがします。

 

天然酵母を使っていて、写真はがっつりトーストしていますが、焼かなくてもおいしくいただけます。

 焼き色は、普通に焼いても強めにつきます。

 

前は職場が近かったからよく行ってたけど、

最近はすっかり足が遠のいてしまっています。

離れてみてわかる、実は結構気に入ってたんだということ。

メルシーは他のパンもバラエティ豊かで、ディスプレイも見やすいし、楽しい!

いつかちゃんと記事にしたいです。

【お気に入り】おかず系のパン

いろいろパン屋さんをめぐっていると、

その店のおすすめや、人気商品、得意な生地とか系統とかがあるのがわかってきて、

ピンポイントで「あのお店のこれが食べたい」というのも結構あります。

 

お惣菜系、ランチにもできるごはん系のパンだと、

 

宇地泊・スーリールのベーコンエピ
f:id:mutsumin33:20171009124002j:image

 

エピはベーコンに粒マスタードが塗られています。

ピリッと黒こしょうもきいていて、

よく仕事帰りに運転しながらかじってます。笑

運転しながら食べやすいというのもありまして。

 

 

そしてこちらもスーリール、フランス生地の惣菜系パン。

何種類かあるのですが、最近いただいたのが、

焼きチーズカレーフランス
f:id:mutsumin33:20171009124023j:image

 載っているのはキーマカレーだったんですが、

見た目以上にカレーがどっさり、辛さもチーズと合わさってちょうどよく、

期待を超えるおいしさでした。

ボリュームもあり、揚げたカレーパンよりこっちがいいかも~

 

 

那覇西町・Pain de Kaitoのセミドライトマトのフーガス
f:id:mutsumin33:20171012220754j:image

フーガスは、生地を平らにのばして、葉っぱのように切りこみを入れて、

表面にオイルを塗って焼きます。

切り込みを入れることで、表面積や、生地のはじっこ部分が多くなるので、香ばしく、食感のあるパンに仕上がるのです。

 

パン教室でも一度作ったことがありますが、切りこみの入れ方にセンスが出ます笑
f:id:mutsumin33:20171012220939j:image

この時作ったのは、オリーブ(写真右)と、ローズマリー(写真左)でした。

どちらもよく合います。

ただ、ローズマリーは表面に振って焼くので、どうしても落ちやすいのが残念なのですが。

塩気のあるものといえば、アンチョビもいいかもしれません。

 

ちなみに カイトのフーガスはライ麦生地。

生地自体が存在感のあるパンなので、塩気のあるドライトマトとよく合います。

 

そして、こちらも那覇のPain de Kaito

ポテトごぼうサラダのタルティーヌ
f:id:mutsumin33:20171012221531j:image
 

 タルティーヌとは、具材をたっぷり載せたオープンサンドみたいなもので、

パンはバゲットの縦割りや、この写真のようにカンパーニュ的なパンであることが多いように思います。

 

このタルティーヌ、サイズはそんなに大きくないのですが、サラダがずっしりで、お腹もしっかり満たされます。

ごぼうとパンの相性ってどうなんだろう、と思っていたのですが、

前に雑誌のパン特集でも、ごぼうサラダが人気!という内地のお店が紹介されているのを見たことがあって、食べてみたらやっぱり合うんですね。

ごぼうが厚めにスライスされているのもポイント。パンやポテトと違う食感を楽しめるのも良いです。

 

他にもいろいろありますが、リピートするのはこんなところ。

あったらいいなと思っているのは、

クロックムッシュのおいしいお店。

 

むかし働いていたお店のムッシュがとってもおいしかったので、

それを超えるものになかなか出会えずにいます。どこかにないかな。おすすめあったらぜひ教えてください!

ジャムパンと沖縄

沖縄に来てしばらくたってから気づいたこと。

なんで沖縄にはジャムパンがないのか?

 年に1回くらい無性に食べたくなるのに、ない。どこにも売ってない。

なんでだろう?
f:id:mutsumin33:20170926121209j:image

これはジャムが挟まってて、これはこれでいいのだけれど、

こういうのじゃなくて、やわらかな三角形っぽい形のも食べたいのです!!

 

気になるので調べてみました。

ジャムパンは日本発祥のパンといわれています。

銀座にある木村屋総本店3代目の木村儀四郎が考案したのがはじまりとされていて、

最初はあんずジャムが主流でしたが、その後時代の流れとともにいちごジャムやりんごジャムのものが多くなり、

現在ではジャムパンといえばいちごジャムというイメージが強くなりました。

(参考:パンの図鑑)

http://www.bread.jp.net/jampan.php

 

一方、沖縄の食文化はアメリカの影響を大きく受けていて、

パンもそうだし、パイとかクッキーとか、内地とはちょっと違う雰囲気。

だから、沖縄にはジャムパンがないのかも。

 

沖縄ではジャムパンがない代わりに、ピーナツバターがとても普及していますね。

ゼブラパンとか、ああいう四角いパンにクリームが挟まった系が多い。

 

沖縄には、おいしいパン屋さんたくさんあるんですけど、

たまにこんなふうに、内地では超メジャーなパンがなかったりするので、

県外に行くときには、雑誌などで紹介されているお店だけでなく、

コンビニやスーパーとかものぞくようにしています。

f:id:mutsumin33:20170926121324j:image

Pascoの超熟も、はじめは6枚切りとか種類も少なかったけれど、

最近は4枚切りも普通に見かけるようになりましたね。

前と比べて県外からの移住者もふえているからなのかなー

Pascoといえばイングリッシュマフィンも売ってほしいなー

 

先日、関空のローソンで見つけたジャムパン。

沖縄では買えない〜と思ったらつい買ってしまいました。

ネーミングのとおり、ジャムがゆるめでした。おいしかった。満足。
f:id:mutsumin33:20170926121243j:image

 

 

番外編・淡路島のたまねぎブレッド

先日、仕事で淡路島へ行きました。

行ったことも、縁もゆかりもない場所なので、いろいろまわりの人に話を聞いていたら、出てきたのが、

 

たまねぎと牛肉は絶対食べてきて!

 

ということでした。

( 食べ物だけ??ほかは??)

 

ちょうど台風接近のころで、行けるのか、行けないのか、こんな天気の中知らない島に行くなんて、まるで島流しじゃないか…と、前日までテンションかなり低めで出発の日を迎えました。

 

飛行機、バス、そしてまたバスを乗り継いで、辿り着いた淡路島は、なんとものどかな島。

会議の前のクイックランチに、会場のホテルのベーカリーを覗いてみたら、こんなパンが!

 

淡路たまねぎブレット
f:id:mutsumin33:20170918132801j:image

 

早速出会いました!たまねぎ!

上にスライスしたたまねぎがたっぷりのっていて、中にはベーコンとチーズがこれまたどっさりと。ブラックペッパーも効いています。

 

淡路島のたまねぎ、甘いんですね。

焼くと甘くなるのはどれも一緒かもしれないけど、味がぎゅっと濃い感じがしました。

パン生地、チーズなど、主張の強いものと合わさってるのに、全然負けてないのです。すごいですね。

 

淡路島の方に話を聞くと、

なんと自給率が100%を超えているとのこと。

たまねぎだけでなく、お米や乳製品、卵なども新鮮でおいしいものがたくさんでした。

たまねぎのほかには、サイコロステーキと、朝食のヨーグルトがおいしかった〜

普段積極的にお肉を食べないわたしが、珍しくおかわりをもらいにいったほど。
f:id:mutsumin33:20170918132831j:image

 

 目の前の海のすぐ向こうに、大阪の街があり、水平線じゃない海の景色もまた新鮮。
f:id:mutsumin33:20170918132932j:image

 

弾丸出張で、会議の会場のほかは全然島を回れなかったけれど、

自然と食は、そこに来る人を感動させる強力なコンテンツだと、改めて感じました。

 

ちなみに、会場は安藤忠雄設計の建物で、面白い造りになっていました。

 f:id:mutsumin33:20170918133145j:image

なぜかホタテ貝。
f:id:mutsumin33:20170918133218j:image

大阪湾埋立のために土砂を採取した跡地。

震災の鎮魂の意味も込めて、お花が植えられた丘。

震災、もうずいぶん経ったなあと思いました。
f:id:mutsumin33:20170918133239j:image


 

 

パンを焼く〜きたほなみを使って

久しぶりにパンを焼きました。

 

今回使った小麦について。

国産小麦で有名なのはやはり北海道。

はるゆたかとか、春よ恋、ゆめちから、キタノカオリとか、

似た名前でよく間違いますが、

ほんとうに色々な種類があって、私はわりと知ってる方だと思うのです。

が、聞きなじみのない名前の粉がありました。

それが、きたほなみ
f:id:mutsumin33:20170828174323j:image

 

全力でうどん推しのパッケージ。

北見で小麦なんて作ってるんですね。それも驚きですが。

グーグルさんに聞いてみれば、中力粉だそうです。

うどんはもちろん、お菓子にもそのまま使えるとのことなので、

どちらかといえば薄力粉に近い粉なのでしょう。

 

どんな感じか試してみたくて、買ってみました。

パッケージに反して、私はパンに使うので、強力粉とブレンドします。

 

選んだのは、スーパーでも売られている定番のカメリア。

強力粉も国産がいいかなと迷いましたが、

もっちりどっしりしすぎるのもなーと思ったので、あえての外国産です。

カメリアときたほなみを2:1でブレンドしました。

カメリアに比べると、きたほなみはほんのり黄色みがかっていました。

 

こねあげ後と、一次発酵後
f:id:mutsumin33:20170828174354j:image
f:id:mutsumin33:20170828174420j:image

なんだかんだで、まだ暑いので、室温で1時間でふくらみました。

これ以上やると多分発酵過多でしょう。

 

丸めてベンチタイム〜成形して二次発酵

 生地を休ませるあいだに、生地に入れる具の準備もします。今回はチョコとチーズ。
f:id:mutsumin33:20170831201622j:image
f:id:mutsumin33:20170831201533j:image

 

成形して二次発酵、そして焼きあがりがこちら。


f:id:mutsumin33:20170831201737j:image

f:id:mutsumin33:20170831201827j:image

チーズはエメンタールと、カルディのとけるチーズ(ゴーダともう1種類のブレンド)をめいっぱい包みました。

チョコもチョコチップを生地が透けるほどにたくさん入れて。

 

チーズのほうを食べましたが、生地がもっちりでおいしかった。きたほなみのおかげかな。

チョコのほうも、食べていただいた皆さんから好評でした。ありがとうございます!

次はくるみのパンかなー

 

糸満・豆豆の全粒粉パン

久しぶりに糸満ファーマーズマーケットに行ったときのこと。

パンコーナーにかわいらしい一角がありました。

 

豆豆
f:id:mutsumin33:20170828152358j:image

 

形がころんとした、優しい印象のパン。

普段はクラストがカリカリ、いい色に焼けた固いパンに手が伸びるのですが、なんだかおいしそうと思って、全粒粉のパンを買ってみました。

f:id:mutsumin33:20170828152456j:image 

 

スライスすると、中はしっとり。

パンというよりパウンドケーキみたいな食感。
f:id:mutsumin33:20170828152531j:image

 

素朴でやさしい味。天然酵母にたまにある、酸っぱい感じは全然ありません。

はちみつバターつけて食べたらおいしいかも。

あと、クリームチーズとブルーベリーとか。

 

今回は糸満でしたが、

県内のファーマーズでは、近隣のパン屋さんの商品も並んでいたりして、

さながらパンのセレクトショップ風(言い過ぎ?)で、意外と面白いです。

あと、おもちとか、団子とか。安いしね!

 

まだまだ日中は暑い沖縄ですが、

朝晩の風は少しずつ涼しくなってきて、

久しぶりにパン焼こうかな、と思うような気候です。
f:id:mutsumin33:20170828152621j:image

 

きょうのパン屋:

豆豆(糸満

 ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ広場

で購入できます


f:id:mutsumin33:20170828152648j:image