沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

天久・Le Cuipのパン・オ・フィグ

わりと近くなのでよく行くお店、

Le Cuip。

好きなパンはいろいろあるのですが、

久しぶりに買ったパン・オ・フィグ。
f:id:mutsumin33:20180117215518j:image

 

いちじくのパンって、実の形を模してこんなふうな感じで売られているお店が多いのですが、

Le Cuipのフィグは、くっきり、きれいに割れているのが特徴。

角もよく焼けているので、香ばしいのです。

ハード系のパンは、こんなふうに、よく焼き色がついたのが好みです。

フランス語でいうところの、bien cuitな感じ。

 

お酒にも合うし、カマンベールとも合いそう。
f:id:mutsumin33:20180117215543j:image

 

ちなみにもうひとつ、

こちらのパンでとっても好きなのが、レザンレザン
f:id:mutsumin33:20180117220124j:image

 

レザンとは、フランス語でレーズンのこと。

レーズンがこれでもかと入った、ずっしり重みのあるパン。

生地よりもきっとレーズンのほうが多いと思う。

これも、角がガリガリしていて、食べ応えあります。

次はレザン買いに行こうー

 

きょうのお店:

Le Cuip(天久) 

ル キュイップ - ホーム | Facebook

 

宇地泊・sourireの干支にちなんだパン

ある日、うちの館長からの差し入れパンが机に置かれていました。

その姿かたちが何だか不思議で、思わず聞いてしまいました。

 

私「これ…何ですか?」

館長「犬」

私「えっ?」

館長「犬」

 

それがこちら。
f:id:mutsumin33:20180116195224j:image
f:id:mutsumin33:20180116195243j:image

 

そう、干支にちなんで、犬の形をしたパンなのです。

胴体が長いですね。

その、胴体の中にはソーセージとキーマっぽいカレーが入っていました。

まるでホットドック…犬だけに…

 

それにしても、パーツがしっかりとくっついていて(当たり前だけど)、

見れば見るほど、食べられなくなるのです…
f:id:mutsumin33:20180116195318j:image

 耳もかわいい…

 

でも、食べてあげないとかわいそうなので、

心を鬼にして、朝食においしくいただきました。

 

sourireは、カッパとか、宇宙人とか、

おもしろパンがいろいろ。

だけどちゃんと(?)、真面目なパンもあって、

わたしはお惣菜系のパンが好きです。

わたしがいただいた「犬」も、フランス生地で美味しかったです。(念のためもう一度言いますが、パンの「犬」です)

ベーコンエピとか、運転しながら食べやすいですよ。

 

きょうのパン屋さん;

sourire(宜野湾・宇地泊)

http://pangamasii.ti-da.net/

新年の運試し・ガレット・デ・ロワ

これもシュトーレン同様、

あちこちで見かけるようになりました。

ガレット・デ・ロワ

 

フランスの伝統菓子で、

キリスト教の公現祭のお祝いとして、

1月6日に食べるものだそうです。

 

どんなお菓子かといえば、

アーモンドクリームが入ったパイ。

中に、フェーヴ(feve)という陶器の小さな人形が入っていて、

家族で切り分けるときに、フェーヴが当たったら、

幸運が1年間続くと言われているんです。

 

そもそもが家族でいただくものなので、

大きなお菓子だから、

今まで買ったことなかったのですが、

4号サイズの小さなのを見つけたので、

思わず購入しました。

 

宜野湾・Pattiserie H.Yujiのガレット・デ・ロワ
f:id:mutsumin33:20180107201105j:image

王冠付き!

さすが、王様のお菓子。

(ガレット・デ・ロワ=galette des rois=直訳すると王のお菓子、なのです)

 

職人さんによって、細かい曲線を描いたものなど、

表面の模様がいろいろあって、

こちらは葉っぱの模様が入っています。

 

カットしていただきました。
f:id:mutsumin33:20180107201203j:image

パイ生地がサクサクで、香ばしくしっかり焼かれています。おいしい!わたしの好みです。

中のクリームは甘すぎず、パイ生地との相性もばっちり。

 

さて、フェーヴは、といえば、

実は買う時に「この中からお選びください」

と、山盛りにフェーヴが入ったカゴを差し出されたのです。

ガレットの中に入れるのではなく、別添えで1ついただきました。
f:id:mutsumin33:20180107201647j:image

 かわいい車!

(voiture sportive=スポーツカー)

 

最近は、誤飲防止などのために、

フェーヴをパイの中に入れずに、

代わりにアーモンドを入れたりすることもあるそう。

こちらのお店ではその方式だったみたいです。

可愛くていろんなモチーフがあって、

フェーヴを集めている方もいるくらいですから、選べるのはまたうれしいでしょうね。

 

そして、私のガレットのアーモンドも発見。
f:id:mutsumin33:20180107201243j:image

カットしてしまったけど…

わたしの今年…大丈夫かしら。

 

初のガレット・デ・ロワ、とてもおいしくいただきました。

1月いっぱいは置いているお店も多いと思います。

パーティーなんかでもいいかもしれないですね!

 

きょうのお店:

Patiserre H.Yuji(宜野湾)

http://h-yuji.hp.gogo.jp/pc/

2018パン始め~読谷・おとなりや

2018新年の沖縄、三が日はとってもいいお天気でした。

日なたにいると日焼けするんじゃないかと思うほど。

f:id:mutsumin33:20180104191949j:image

 

さすがにお正月はお休みのお店も多いのですが、

出かけるついでに開いてるところを探してみましたら、

読谷のおとなりやさんが開いていました。

 

今回は、

ローズマリーのフォカッチャ
f:id:mutsumin33:20180104192019j:image
f:id:mutsumin33:20180104192041j:image

生地はもっちり食感、全粒粉も入ってます。

上に振られたローズマリーのさわやかなかおりと、塩気がたまらなくおいしい。 

 

桜あんぱん
f:id:mutsumin33:20180104192104j:image

あんぱんは初めて買ったのですが、

生地がとってもいい香りで味わい深かったです。

袋を開けた時にふわっとたつ月桃の香りに感動。

POPに書いてあった説明を忘れてしまったのですが、

酵母か何か材料に月桃を使っていた、はず。

 

存在感のある生地に、桜の塩漬け、つぶあんがよく合ってました。

じんわりやさしい味のパンでした。

 

今年もおいしいパンにたくさん出会えますようにー!

 

きょうのパン屋:

おとなりや(読谷)

http://asian1026.blog51.fc2.com/

2017シュトーレン

もうずいぶんと定着してきた感があります。

シュトーレン

 

シュトーレンとは、

クリスマスを待つアドベントイエス・キリストの降誕を待つ期間)の間に食べる

ドイツの伝統菓子。

砂糖に包まれたその姿は、

白いおくるみに包まれた幼子イエスをイメージしているとも言われています。
バターたっぷりの生地の中には、

洋酒につけたドライフルーツ、ナッツがぎっしり!
ちょっと大人向けのリッチな味わいと、

日に日に味がなじんで変化していくのが特徴で、

クリスマスがさらに待ち遠しくなるお菓子とされています。

 

(参考サイト)

シュトーレンの作り方とタイプ別レシピ7選 | 特集 | クオカ公式通販:製菓材料・道具のオンラインショップ

 

今年はちょっと変わったシュトーレンを見つけました。

 

「国王のシュトーレン

いまいパンが、謝花きっぱん店とコラボして、

中に入れるマジパンの代わりに、なんと冬瓜漬けを入れちゃいました。
f:id:mutsumin33:20171230234905j:image
f:id:mutsumin33:20171230234944j:image

かわいらしい小ぶりな姿。

背中にも冬瓜漬けが。

 


f:id:mutsumin33:20171230235026j:image

柑橘系のさわやかな風味で、

これまで食べてきたシュトーレンとは

ひと味違った味わいでした。

 

シュトーレン、最初に紹介したように、

ふつうはクリスマスまでの間に少しずついただくのですが、

買ってからクリスマスまでの間に食べるのをすっかり忘れていて、

クリスマスになってはじめて封を切りました…

 

それから数日かけていただいたのですが、

封を切った日と、それ以降の日では、味が変わってくるのです!

柑橘系の酸味と苦みがなじんでいくような感じ。

これまでいろんなシュトーレンを試しましたが、

こんなに変化がわかりやすいのは初めてのことでした。

 

きょうのパン屋:

いまいパン(識名・住所は真地)

https://imaipain.com/

 

謝花きっぱん店(那覇・松尾)

http://www.jahanakippan.com/

 

おもろまち・乃が美はなれの「生」食パン

ようやく行けました。

「生」食パン。

f:id:mutsumin33:20171217173755j:image

 

日曜の夕方、売り切れかなと思いつつ、行ってみたら、まだありました。

ハーフを購入したのですが、

通常の、ハーフの型で焼いたものは売り切れで、

一本を半分にしたものでした。

耳があるかないかの違いですかね。

 

一緒に入っていたチラシに、

「まずはそのままちぎってお召し上がりください。」

とあるので、それに従ってみました。

 

やわらかい。ほんのり甘い。おいしい。

そして気づいた。

これそのまま全部食べてしまいそう。

普通食パンをそのままちぎって食べるなんて、そうそうないから、

テンション上がって勢いづいてしまうという、

何とも危ないパターン。

そして私が好きな、たまご不使用でした。

 

この生食パン、自分で食パンをスライスするというハードルが。

自分でスライスすると、やっぱりお店で切るよりは断面がきれいにならないので、

どうしよう…と困ってしまいました。

だってトーストはスパッときれいな断面がいいですものー

 

それでも、気合入れて切ったら、

わりときれいにスライスできました。

やればできる。

でも、長い刃のパンナイフじゃないと、

ギザギザになってしまいそうです。
f:id:mutsumin33:20171218101347j:image
f:id:mutsumin33:20171218101428j:image

少しちぎって食べたあと、ちぎった面を薄くスライスして、

6枚切り(約1.8センチ)くらいにスライスしたら、

4枚と、うすく耳が残るくらいでした。

 

わたし、食パンはトーストするのが好きなのですが、

生食パンを焼いたらどうなるのでしょう。

 トーストしてみました。
f:id:mutsumin33:20171218101816j:image

生食パンだから、焼いても中がもっちり。

個人的には、もっと軽やかな食感のトーストが好きなので、

生食パンをトーストするなら、

いつもより薄めにスライスしたほうがいいかも、と思いました。

そもそもトーストすることを想定していないのでしょうけど。

 

フライパンでも焼いてみました。
f:id:mutsumin33:20171219223319j:image

強火でさっと焼いていただきました。

やはり、中もっちり。

 

いろいろ試した結果、

生食パンはおすすめのとおり、

そのままちぎっていただくのがいい、と思いました。

(個人的感想)

 

 

きょうのお店:

乃が美はなれ 沖縄おもろまち店(那覇新都心

http://nogaminopan.com/shop/omoromachi/

 

 

識名・いまいパンの繁多川豆乳パン

識名園の近くにある人気店、いまいパン。

いつも気になりながら、買えずにいた繁多川豆乳パン。買ってみました。
f:id:mutsumin33:20171217174700j:image

見た目よりもずっしりと重みがあります。

バターロールみたいな、ふんわり系なのかしらと思っていたけれど、

トングでしっかり掴まないと持ち上げられないほど。

 

ちぎってみると、食パン生地のようなしっとり感とやわらかさ。

食パン生地をコッペ状に成形して焼いたらこんな感じなのかな。

豆乳が使われていて、やさしい甘みで手が止まらない…

 

いまいパンでは、豆乳や青大豆など、

地元のものをパンに使ったり、

お土産にもできるお菓子の開発も

さかんにされていますよね。

 

ケーキも、

南城市のかぼちゃを使ったものもあれば、

隣にはヨーロッパ伝統のザッハトルテがある、

という、守備範囲の広さ。

だから、パンもケーキも、

見ているだけでほんとうに楽しい!

 

さて、豆乳パンですが、

そのままいただいてもおいしいのですが、

焼いたらどうなるのかしら、と思い、

試しにホットサンドにしてみました。
f:id:mutsumin33:20171217174758j:image

これがおいしいのです!

薄めにスライスして、

チーズとベビーリーフをサンド。

パン生地の甘みと、チーズの塩気がちょうどよい。

また、いつもホットサンドで使う食パンよりも、ひとまわり小さいので、

挟みやすく、食べやすい笑

 

そんないまいパン、

2号店がもうすぐ古島にオープン予定。

識名よりは近くなるので、今からとても楽しみです!

 

おまけ:

いまいパンに行く途中にある、金城ダム。

那覇市内とは思えない、緑の多さ。
f:id:mutsumin33:20171217174837j:image

 

きょうのパン屋:いまいパン(識名・住所は真地)

https://imaipain.com/