沖縄パン日誌

作った、買った、食べた、沖縄のおいしいパンにまつわる記録

食パンをちぎって食べてみる

今日も食パン。

いつもは半分を誰かにおすそわけするのですが、

「ちぎって食べる」ということをやってみようと思い、

半分はスライス、半分はちぎって食べてみました。

 

先日立ち寄ったあるお店で、

搾りたて?挽きたて?の

ピーナッツバターを量り売りしていたので、

それがまだあったことを思い出し、

塗って食べたらまあおいしいこと!

f:id:mutsumin33:20200705160234j:image

基本的にトーストが好きなので、

自分で焼いた食パンを、そのまま食べるということを

ここしばらくしていなかったのですが、

食べてみたら、なんか以前よりおいしくなってる気がしました(笑)

気のせいか、作りなれて安定してきたのか。

ピーナツバター、もっと買っとけばよかったな。

(県内にはそのお店にしか、搾る機械は無いそうです。

ドライフルーツやナッツの量り売りもあって、

見ているだけでも楽しいお店でした)

 

ちなみに今回はわりと気泡も均一にできました。

(やったね!)

 

発酵後のようす。

ボウルのラップを外した時に、

ふわっとアルコール臭がしたので、

発酵過多かな?と思ったけど大丈夫でした。
f:id:mutsumin33:20200704181101j:image

成形して、型へ。

最終発酵前
f:id:mutsumin33:20200704181112j:image

発酵後
f:id:mutsumin33:20200704181126j:image

焼き上がり。
f:id:mutsumin33:20200704181140j:image


f:id:mutsumin33:20200704181152j:image

今回も美しい~

型に油もなじんできたようで、

前回まで、油多めに塗っていたのを、

気持ち少なくして焼きましたが、

それでもするっと抜けました。

最近は2週間に1回は焼いているので、

コンスタントに型を使ってあげることも大事なのでしょう。